So-net無料ブログ作成

2018年の終わりに [日記]

今年は本当に忍耐な一年でした。


まずは「障害年金の打ち切り。」申し立てもしたが、やはり障害というより「ガン」での受給ということを強調され、5年経過したからというのが理由のようでした。


そして、「降格。」

障害を持ち、他にも難病もあり、他にも病気があり、まともに仕事が出来ない。休んでもあまり影響の出ないところへ移動となりました。まだまだ通院もあり、体調も日々変化するので助かるのですが、そんなに会社は甘くないのは当然。役職を解かれ、晴れて平社員となりました。このことに関しては特に問題はありません。バスケもPGでしたから裏方で性に合ってると思います。会社も障害者、難病患者の雇用というところで貢献は出来てるはずです。

しかし、収入は当然減ります。ざっと年間20万くらい落ちました。来年はもっと落ちます。障害年金と合わせると年間80万円ダウンとなります。これはかなりのショックであり、やり方を考えなければなりませんでした。


そして4月。これが一番の大きな出来事でした。

まさかの友人の突然死。大きなショックであり、未だに引きずっており、もう友人は増やしたくないとまで思ってます。

こんな悲しみはありません。本当にショックです。


妻の病気も難病であったことが発覚。入院、手術もという話になりましたが手術は回避。理由は「切ってもすぐ同じようになる」からだそうで、薬で抑える治療となりました。


そしてR-zのコンポジットラジエターの水漏れ。これは一般に販売されていないオイルクーラー兼ラジエターで、昔のN1レースで使用されていたものだ。ここが逝くと、オイルクーラー別置きとなります。幸い切って貼ってで復旧させることができました。そしてお金は飛び立ちますね。。。


だんだん小さくなります。

突然の難題。「第一種衛生管理者の資格取得を」ということで何十年ぶり?猛勉強しました。一応無事合格したが、辛かったです。


息子も何度か怪我をし、一度は救急へ運び、脳CTをとるほどでした。記憶もなくし本当に怖かった。

さて、そんなこんなで2018年は終わります。

友人のこともあり、ほぼ家族か1人での行動が多かった。しかもバスケばかり。修行のようなものです。

そして会社の指示ではないのですがFPの3級もチャレンジします。ぼーっと生きることをやめます。


今日今年最後の洗車に行きました。

R-zのグリルのふちが外れてる・・・バンパースポイラーのねじも外れかけていた。

洗車は大事だ。こうして色々と点検が出来る。

グリルは溶接は家では出来ないし、また取れるかもしれないのでインシュロックでとめました。見えないとこだし良しとしよう。


DSC_2123.jpg


傷も知らないうちに増えまくってます。いつかフルオーバーホールしたいなぁ。

そんな夢を見るため、今年の締めに煩悩を清めに行ってきます。

初詣は友人のこともあり自粛します。やはり「おめでとう」という気分にはなれないのが正直なところです。

それでは良いお年を。

nice!(1)  コメント(0)